テープおこしの副業

■仕事内容は主に4つ

パソコンの基本操作ができる人なら誰でも可能な副業として人気があるのが「テープおこし」です。
会議や講演会などで録音した音声ファイルを文章に書き起こすのですが、クライアントの指定やあなたのスキルなどに応じて請け負う仕事内容が主に4つに変わります。
まず「素起こし」といって録音内容をすべて文章にするというものがあります。
次に、素起こしから「あー」や「えーっと」といった意味のない言葉や間違って言い直した部分などを除外して文章にする「ケバ取り」、また、語尾を口語体から「です、ます」調の文語体に変えるなど書類らしく整理して文章にする「整文」があります。
さらに、「要約」といって録音された内容を指定文字数内に要約するものの4つです。
この仕事の難しい点は、録音内容を正確に聞き取りそれを文章にするところでしょう。
また、クライアントによっては録音された内容が専門的なものであったり使用される言葉に専門用語や独特の短縮用語などが少なくありません。
特に専門用語などはその言葉自体を耳にしたことがない場合もあるので、事前に下調べや勉強をしておく必要もあるでしょう。

■ソフトで効率よく

仕事上、聞き取りにくい部分を聞き直すという場合が必ず必要となりますが、そのたびにマウスに持ち替え音声を戻し入力をして…を繰り返していると効率が良くありません。
そういった際には、そんな作業を助けてくれるフリーソフトがあるのでおススメです。
キーボードでの操作ができたり、停止後の再生を少し前からスタートしてくれたり、再生速度の調整が可能であったりと、一度使うともう手放せなくなるに違いませんよ。

現金以外の副収入について

現金以外の副収入と聞くと何それ?と思うかもしれません。
確かに副業をする目的と言えばお金を稼ぐためです。
しかし考え方によってはそれがモノであっても、そのモノを手に入れる事が出来たらそれを買わずにすむという事です。
物資をもらうの?とますます不思議になるかもしれません。
ですが意外と楽しみながら出来る副業があるので紹介したいと思います。

例えばモニターの仕事があります。
モニターとは新商品が送られてきて、その新商品に対して感想をレポートで提出したり、ブログで紹介する仕事です。
企業には新商品のマーケティング的な意味合いと、そして口コミという宣伝活動をしてもらえるので一石二鳥です。
そしてモニター側も無料でその商品をもらう事が出来る、新商品をいろいろ試す事が出来るというメリットがあります。

モニターはいろいろは商品のモニターがあります。
食べ物系やコスメ系、シャンプーなどのモニターが人気があります。
特にコスメ系に関してはモニターでも現品がもらえ、しかも1ヶ月使った肌の変化などをレポートするわけです。
高級化粧品になると1万円以上の商品が送られてくる場合もあります。
それを使えば現金を稼ぐ事は出来なくても、月々の化粧品代の出費を抑える事が可能です。
他にも食費や日用雑貨などモニターでもらったもので出費を減らす事が出来るのである意味お金を稼いでいるのと同じ価値があるわけです。

またミステリーショッパーの場合は飲食店へ食べにいったり、美容院で髪をカットしてサービスを受けてレポートを書くのが仕事です。
この場合も支払う料金は無料です。

アフィリエイトって何?

アフィリエイトという言葉は聞いた事があるけれど、その仕組みについてはイマイチ理解していない。
どうしてアフィリエイトをするとお金を稼ぐ事が出来るの?と思っている人もいるかもしれません。
アフィリエイトとは個人による広告収入と考えるといいでしょう。

個人が自分のサイトやブログで、アフィリエイトの商品を紹介するわけです。
そしてその紹介した商品が実際にその紹介されたページ経由で購入されると、あなたの広告は成果があったと判断され、アフィリエイトの収入が入るという仕組みです。

つまり広告を貼るだけでは、アフィリエイトの稼ぎにはなりません。
広告を見た相手に購入してもらう事が大切なのです。
私たちの日常生活の中で、ネットショッピングを利用する事は珍しくなくなりました。
しかし例えば、書籍であるとか普段購入している水やお米などの重たい食材だとか、どんなものか知っている商品を購入する人が多いでしょう。コスメ用品なども知っているメーカーのもののはずです。
全く知らないメーカーの全く知らない商品を、いきなりネットで購入するという事はほとんどありません。

なぜならその商品がいいものなのかどうか分からない、信用が出来ないからです。
そして信用をしてもらえるように、商品の良さを伝える事がアフィリエイトの仕事だと言えるでしょう。
よくアフィリエイトで稼ぎたいからと、サイトにアフィリエイトを多数貼り付けている人がいます。
それって自分がいいと思ったものを相手に紹介している訳ではないと一目瞭然なので、貼り付けても収益につながらない失敗例です。

在宅ワークはインターネットで

インターネットの普及によって、在宅ワークの幅が一気に広がりました。
もちろん以前から在宅ワークで内職の仕事とかは存在しました。
他にもテープライターなど、郵送のやり取りで行われる在宅ワークもありました。
しかし以前は在宅ワークをしたくても、どこでその仕事を見つけたらいいのか分からないというケースが非常に多かったのです。
内職なども区役所などの求人案内や、新聞広告のチラシなどでごくたまに求人が紹介されている程度でした。

ですがインターネットで、掲示板で求人を募集している在宅ワークの種類は豊富で、しかも数もたくさんあります。
今までは外で働けない事情がある主婦が中心で単価の低いものが多かったのですが、その辺にも変化が生じてきています。
確かにデータ入力等に関しては、もしこれをどこかの事務所に出勤して作業をすれば時給1000円程度になりますが、在宅ワークなら800円程度でしょう。若干設定価格が安くなる事は事実です。
しかし内職のように時給で300円なんて無茶な価格設定ではありません。
そして800円程度であれば、アルバイトよりも気軽だし、それに職場に通う手間がないから移動時間分を考慮すれば在宅ワークの方が都合がいいと在宅ワークを選ぶ人が増えたわけです。

空き時間を活用出来るため、夜に1~2時間コツコツ作業するというOLやサラリーマンなど副業でする人も増えました。
つまりインターネットの普及に伴い在宅ワークで働く人口が一気に増えたと言えるでしょう。
その分労働環境も改善されたと言えるかもしれませんね。ただし一部の悪質業者の存在には気を付けて下さい。

内職の今と昔

内職という言葉を聞いてあなたはどんなイメージを持ちますか?
封筒はりの内職や割り箸の袋づめなど、とにかく単純作業を量をこなして稼ぐというイメージがあるかもしれません。
しかも稼ぐといったところで1つの作業の単価が1銭なんて単位で、一生懸命作業をしても時間給に換算しても300円に満たない世界。
そんな非合理的な働き方が内職で、やりたくないと思っている人も多いでしょう。

ですがインターネットの普及に伴い内職の世界も大きく変化の波が現れています。
例えば最近はお裁縫が苦手なお母さんが増えています。
しかし子供の幼稚園のバックやクッションは既製品ではなく、愛情を込めた手作りが求められてしまうわけです。
共働き夫婦なら作っている時間もない、そんな人もいるでしょう。
そんな時に、お裁縫が得意で、代わりに作ってくれる人がいたらどうでしょうか?
しかもある意味オーダ‐メイドですよね。
作る時に、子供の名前も刺繍してもらえて、しかも子供の好きなキャラクターの布を指定する事も可能です。
そして幼稚園のバックなどはサイズが指定されているので、サイズも指定通りに作ってもらえます。

自分で時間をかけて作りよりも、得意な人に代わりに作ってもらって、その分お金を払う方がいい。
そう考えるお母さんは増えています。1個のバックも慣れている人がミシンを使えば1時間もあれば完成します。
材料費は別に請求して、2000円だとすれば時給2000円の内職だといえます。
そんなふうに個人と個人が結びつく事で、高い単価の仕事を得る事が出来るというわけです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.